断舎利グッズの買取

CD断舎利に関して言えば、ただ単に捨てるのはどうしても勿体なく思ってしまいます。特にジャニーズファンにとって、好きなアイドルグループのグッズは、何物にも代えがたいもので、捨てられないと思うのは当然のことと思います。しかし、こうしたアイドル物の集め過ぎにより、部屋を圧迫し過ぎ住めなくなってしまうというのは、集め過ぎにも程があります。

物事には、何事も節度というものがあり、過ぎたるは及ばざるがごとしとも言います。断舎利には、捨てるというイメージがつきまといますので、処分してしまうには惜しいという考えの方が先行してしまいますがご安心ください。こうしたアイドルグッズの処分に関して、専門のアイドルグッズ買い取りの方法が存在しています。アイドルグッズに関して、グッズの種類によってはプレミアムのついている商品も存在するのです。

インターネットでの、オークションを体験された方ならご存じのことですが、オークションの値段は需要と供給のバランスによって成り立っています。アイドルグッズの買い取りショップも同じく、特に需要の高いものほど高く買い取ってくれる傾向が強いものです。したがって、こうした買取ショップを利用して整理していくのが、効率的な断舎利の方法と言えるでしょう。


グッズ断舎利の勧め

誰しも部屋がものにあふれ、捨てるに捨てられないという現状に、困ったという経験がある事でしょう。断舎利の考え方として、物に対しての執着を断つという考え方があります。圧倒的に女性ファンが多いジャニーズのファイルですが、ここ最近では正式にデビューする前の、ジュニアと呼ばれるジャニーズの卵も、追っかけの対象として騒がれるようになってきました。

ビデオ最近は、こうしたアイドルグループの写真やビデオ撮影など規制も緩くなり、またこうしたアイドルグッズが、インターネット上のウェブサイトで販売あるいはオークションなどで取引きされるようになりました。これまでジャニーズグッズの販売は、コンサートでの会場販売やファンクラブ内、あるいは限定で販売されるなど、個人でこうしたアイドルグッズを集めるには、大変な労力と時間や金銭も必要となりました。さらに、インターネットで個人間でも個別の取引きができるとあって、様々なジャニーズグッズの購入が手軽にできるようになったのです

しかし半面、安易にこうしたグッズが手に入れられるため、思うがままに集めることによって、部屋を圧迫してしまうという現状に悩まされる方も少なくありません。断舎利は単に捨てるのではなく、必要なもの以外を処分してしまおうという考え方です。


断舎利とジャニーズ

日本人で、ジャニーズの存在を知らないという若者はほとんどいないと思いますが、ジャニーズの歴史そのものはあまり知られていません。現在ジャニーズは、ジャニーズ事務所のアイドルグループとして知られていますが、実際にこの事務所でデビューした最初のグループは、このジャニーズでした。時代は高度成長期の真っただ中で、歌謡界も元祖アイドルとされる御三家などが人気の的にした。

コンサートしかし当時のアイドルは、立ち姿のまま彼振り付けのみで、歌って踊れるようなアイドルは全くの不在だったのです。ジャニーズの誕生は、一本の映画から誕生したといっても過言ではありません。ジャニーズの創始者は、当時のブロードウェーミュージカルのはしりであるウエストサイドストーリーに、心を揺り動かされました。ジャニーズは、歌って踊れるアイドルが不在であった中、その存在は重宝され、このスタイルがジャニーズアイドルの主流とされてきたという伝統があったのです

ジャニーズの特色は、初代から変わらないエンターテインメント性にあります。この方針は、時代を経ても変わることなく、代々のグループが人気を博し、ファンもこうしたジャニーズグッズを次々と購入しますが、増えすぎたグッズにより、断舎利を考えるファンも増えてきました。


断舎利とは

近頃、頻繁に聞かれるようになった断舎利という言葉ですが、いったい何を意味している言葉なのでしょうか。そもそもこの断舎利は、だんしゃりと読むもので、もともと日本にある単語ではありませんでした。いわゆる断舎利は、新語と呼ばれるもので、インドヨガの修行法である断、つまり断行と捨つまり捨行、そして離である離行を応用した俗語だったのです

ごみこの断・舎・利は、これまで日本人にとっては美徳とされた「もったいない」という観念を断じたもので、部屋に入ってくる不要なものを断ち、家に放置しているいらない物を捨てる。そしてまだまだ使える、もったいないという考え方から、物欲そのものの執着から離れてしまおうという考え方をこの言葉に集約したものでした。この断舎利は、とある一冊の本から始まったものですが、日本人の古くからの美徳であった、もったいないという考え方を根底から覆すものだったのです。現在の日本ではモノがあふれ、従来までのまだまだ使えるとの考え方では、家の中にモノがあふれてしまい、整理整とんがうまくいかなくなりました。

物資が不足していた時代では、ものを大事に扱うという考え方は、財産を減らさない意味としても大事にされましたが、現在安く何でも手に入る時代、ものを捨てないということは、家にモノがあふれ、行き着く先がごみ屋敷というしゃれにならないことが実際に起きています。お金さえあれば、ほとんどすべてのものが揃ってしまう時代、ものの価値とともに整理することを考えなければなりません。